龍巖山 自性院の由来と活動
■■ 由来 ■■

 当院の開基は太田善兵衛政唯(まさただ)で、江戸城を築城した武蔵国の太田道灌の末裔(まつえい)である。政唯の父資政(すけまさ)は会津若松に住んでいたが、政唯は故(ゆえ)あって天王村(現潟上市)に下り、菊地吉之丈に奇遇(きぐう)し、のち船越(現男鹿市)に居を構えた。
 かねて禅宗に帰依していた善兵衛政唯は、同村塩口・櫻庭金之丈の助力を得て、一宇の堂を建立し、久保田城下の歓喜寺 三世生山祖長大和尚を招請して自性院を開闢(かいびゃく)。時は慶長年間(1596〜1615)と伝えられている。

■■ 伽藍 ■■


 二十五世大安玄機大和尚の代の明治15年(1882)に火災焼失し、秋田の家老職の家を求めて再建したが、二十八世道圓哲宗大和尚の代の昭和10年(1935)3月24日に再び類焼し、同年10月に再建された。

 現在の伽藍は昭和58年に位牌堂建立したのにはじまり、平成3年9月から庫裡、客殿、座禅堂、本堂と建築工事を進めて、平成8年5月に完成したものである。

■■ 活動 ■■

◆定例の集い

坐禅会、写経会、梅花講、女性の集い、子ども和楽器教室、琴古流尺八教室、落語会

◆寺報『自性心』、『いこい庵だより』の発行

◆秋田市と隣接している天王追分地区に別院長沼禅苑を開き、禅文化の発信拠点として、種々の文化教室を開催している。

◆尺八法話

積極的に各種施設や集会へ出向き、尺八演奏を交えながら法話を行っている。

住職第二十九世 鈴木道雄 住所秋田県潟上市天王字天王71
電話018-878-2049 FAX018-878-5488
mailjishoin@nifty.com  お問い合わせフォーム
住所:〒010-0201 秋田県潟上市天王字天王71メール
TEL:018-878-2049 FAX:018-878-5488
ホームページに掲載している文章・写真等の情報は、全て自性院および長沼禅苑企業組合に帰属します。
Copyright(C) Ryuganzan Jishoin All Rights Reserved